ロゴ
HOME>特集>医学部合格を目指すなら予備校に通おう【万全の受験対策】

医学部合格を目指すなら予備校に通おう【万全の受験対策】

勉強

医学部予備校の特色

医学部予備校とは、医学部への合格を目指す人のみが通う塾です。そのため、同じ予備校に通う仲間は同じく医師になりたいという夢を持つ人たちです。授業の内容も座学の授業だけでなく、目指す大学の入試傾向を徹底的に分析した上での、面接や小論文の指導が受けられるなど万全の対策がとられたものとなっています。医学部の入試は非常に難関である上に、医師という職業が経済的に非常に安定している人気の職業であることもあり、塾生の中には浪人生や社会人経験者も少なくありません。医学部を目指す社会人経験者の中には、30歳以上の人もいます。そういった理由で、現役生と浪人生とでクラスやコースを別にしている予備校も少なくありません。そして、偏差値の大幅なアップを目指す目的やブランクができた高校の勉強を取り戻すために、1対1の個別指導を行なう予備校もあります。

勉強道具

予備校通学にかかる費用や相場

医学部の受験は非常に難関であるため、徹底した受験対策がとられていることは既に述べました。その分、一般的な予備校よりも学費や対策が高いようなイメージを抱きますが、実際はどうなのでしょうか。とある大手の医学部予備校を例にとりますと、1対1の完全個別指導の授業は高校3年生で4950000円となっています。ただ、完全個別指導であることを踏まえると妥当な金額であるといえるでしょう。集団授業を行なう予備校であれば、個別指導の塾に比べ費用は抑えられますし、学校によっては特待生制度を設けている所もあります。また、地方に住んでいて近くに医学部予備校がない人や、通学に使う時間を勉強に充てたいと考える人向けに寮のある所もあります。前述の完全個別指導を行なう塾も、主要都市の25箇所に寮があるようです。寮費は、朝夕2食付きで年間に1150000円となっています。このように医学部の受験には、何かとお金がかかりますが、将来医師になって得られる収入や仕事のやりがいを考えれば、惜しくない投資といえます。